「ラブ・ジ・アース」とは?

ラブ・ジ・アース
目次

理念

「ラブ・ジ・アース」とは、バイク乗りによる地球愛護活動です。

体全部を剥き出しにして走るバイク乗りだからこそ私たちは自然のすばらしさを知っています。

でも普段、バイクに乗ることで少なからず環境にインパクトを与えているという、
意識しなくてはいけない現実もあります。

だからこそ。

スローガンは、
「バイク乗りだから知ってる大地、バイク乗りだから分かる風、そしてバイク乗りだからできること!」

「いつも楽しませてくれている自然に恩返しをしたい」

そんな想いを込めて、バイク乗りからはじめる地球愛護活動「ラブ・ジ・アース」を2002年からスタートしました。

「少しずつ、できることから地球に恩返し」

大げさなことじゃなくていい。

例えば信号待ちでのアイドリングストップ、
無駄な空ぶかしをやめる、ツーリング先でひとつゴミを拾う…

そんなに難しく考える必要はない。
でも何もやらないよりはずっといい。
ちょっとだけ意識を持つことで変わるはず。

できることから一緒にはじめませんか?

活動目的

ラブ・ジ・アースの活動目的は以下の通りです。

  1. ライダーのモラル向上と社会的地位の向上
  2. ライダーによる社会貢献
  3. 地球環境の保全

一部のモラルのないライダーによって、バイクおよびライダーがいまだ社会的に悪いイメージで見られてしまうことが、しばしばあります。

この活動をひとつのきっかけとして、より多くのライダーが高い意識を持ちモラルを向上させ、そして環境問題への取り組みや地域振興など社会に貢献することでバイクの社会的地位の向上を目指しています。

体制

ラブ・ジ・アースの活動は以下の体制で行なっています。

ラブ・ジ・アース 組織体制

バイクユーザーをはじめ、二輪業界全体で取り組むべく、活動を広げていきます。

プロフィール

会長/北村明広

複数の二輪誌で編集長を歴任。その経験から二輪を取り巻く環境の向上を目指して当会を発足させた。

活動の沿革

2002年10月

バイク雑誌の誌面上において活動の開始を宣言。同時に環境を考えるツーリング記事の連載をスタート

2003年8月

ラブ・ジ・アース 公式WEBサイトオープン

2003年9月

海岸清掃イベントの開催 以後年2回開催

2003年10月

会員募集を開始

2004年3月

モーターサイクルイベントへPRブースの出展を開始

2005年11月

ラブ・ジ・アースブログを開設

2007年7月

鈴鹿8耐での環境PR活動を開始

2007年12月

環境イベントへPRブースの出展を開始

2014年4月

環境省より、自然環境の保全に関して顕著な功績があった者、団体を表彰する『「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰』を受賞

2017年11月

公益財団法人 社会貢献支援財団より、「社会貢献者表彰」を受賞

目次